個人事業主の消費税対策と増税,法人設立について

個人事業主の消費税対策とは

スポンサードリンク

消費税の増税により、負担額は増大します。
これは、個人事業主にも当てはまります。
少しでも負担を減らしたいところですが、個人事業主の場合、いくつか対策があります。

 

まずは、経費として付けるものの漏れをなくすことです。
経費の計上は、税金対策になりますが、消費税の部分については、
課税仕入れ高として還元を受けることも可能になります。
従って、経費として計上するかしないかで負担がかなり違ってきます。
今一度確認してもれをなくしてください。

 

次に法人の設立の検討です。
消費税増税により法人税の減税が実施されることになりそうです。
そこで、個人事業主の場合、法人化することを検討しましょう。
また、株式会社でなくても合同会社でもよいです。
これであれば、経費が安く済み。簡単に立ち上げることができます。
ただ、合同会社の場合、知名度が低い、上場できないなど、デメリットはあります。

 

もうひとつは、課税仕入れ高についてです。
治める消費税は、課税仕入れ高が高ければ高いほど少なくなります。
さらに、課税売上高よりも課税仕入れ高の方が高ければ、還付を受けることができます。

 

また、還付を置けることについては、
簡易課税制度と原則課税制度のどちらを選ぶかがポイントになります。
簡易課税制度と原則課税制度について、ここでは詳細な説明は省きますが、
どちらを選ぶかによって税金がかなり違ってきますので、
この2つの制度があるということを抑えておきましょう。

 

最後に、免税事業者と課税事業者のどちらを選ぶかもポイントになります。
免税事業者を選んだ場合、消費税を支払う必要はありません。
しかし、還付を受けることができません。
特に、課税仕入れ高が大きくなる場合には、よく考えて選ぶようにします。

 

スポンサードリンク