中古マンション購入に関する消費税、不動産,増税後について

中古マンション購入に関する消費税

消費税の増税が決まりました。家計にどういう影響が出るか、
今のうちからしっかり検討しておくといいですね。

 

ところで、今、中古マンションの購入を考えている方はいると思いますが、
中古マンションの購入に関して消費税はどうなっているか、ご存知でしょうか。

 

中古マンションの購入では、実は消費税はかかりません。
もっと正確に言うと、売主が課税業者出ない場合、消費税はかかりません。
普通、中古マンションの購入は個人間の取引なので、消費税はかからないと考えておいてよいと思います。

 

ただし、仲介手数料の3%+6万円や諸経費の一分に消費税はかかります。
従って、中古マンションを消費税が上がる前に買ったほうがいい、という判断もできます。
とはいっても、消費税の増税分は、中古マンションの購入価格に比べたら、
かなり些細な金額なので、あまり気にすることはないでしょう。

 

そうは言っても、中古マンションの購入を考えている方は、
心理的に消費税の増税前に中古マンションを購入しよう、と思っているはずです。
そうなってくると、増税前に中古マンションの需要は一気に上がり、増税後は下がると予想されます。
需要が下がると、価格が下落してくるので、
実は、中古マンションの購入は、消費税の増税後のほうが、賢明なのかもしれません。

 

あくまで憶測ですが・・・。

 

いずれにしても、中古マンションの購入は、かなり高額な費用が発生します。
ちょうど税制が改革されるので、ここはしっかりと税のことを調査し、
変更点や注意点を正確に覚えるようにしましょう。
そして、最も適切な時期に中古マンションを購入するようにしましょう。
時期が少しずれただけで、数十万の違いが出ることも十分に予想されます。
悔いのないように中古マンションを購入してください。